住宅設備であるインターホン交換の時に確認したいこと

交換の方法

インターホンを交換する費用

近頃では一般の住宅だけではなく、オフィスや工場など様々な場所でインターホンが活躍しています。インターホンというのはカメラが付いているものは特に防犯に効果がありますので、そういった施設での使用が多くなっているのでしょう。 しかしながらインターホンの中にも古いタイプがあって、とくに乾電池を使用するチャイム式などは来客者の顔をテレビなどで確認することができないため、あまり防犯の効果はありません。そういった理由でチャイム式からカメラ付きのインターホンに交換しようと考えている人が増えているようです。そして実際に交換を行うための費用ですが、これについては現場によって違いが出てくるので一概には言えませんが、インターネットなどで検索すると大体の相場は知ることができます。

作業をする際の注意点など

インターホンの交換にも色々なものがありますが、大きく分けると自分でできる作業と電気工事士にしかできない作業があります。これについては現場の状況などによって違いが出てくるのですが、特に壁の中の配線などに触れる作業に関しては、電気工事士の手が必用になることが多いようです。 そして交換する際に最も注意しなくてはいけないのは、門塀に取り付ける場合でしょう。この場合は柱の中に器機が埋め込まれている場合があるのです。このような時には次に取り付けるインターホンの形状が、これまで設置していたものと違った場合には埋め込み穴の形状を変更する必要がでてきます。そうなると電気工事士だけではなく、エクステリア関連の業者にも同時に仕事を依頼することになるので覚えておきましょう。

↑ PAGE TOP